仕事をやめたいと思う理由の本音と建前

仕事をやめたいと思う理由の本音と建前

その仕事が自分の望んでいたものかどうかという話は別にして、大概、人は何らかの職業に就いているわけです。現在の職場や仕事に満足できなければ、転職という手段に出ることもあります。このように仕事をやめたいと思う気持ちは、きっと誰にでもあることなのではないでしょうか。

社会に出ると本音と建前の使い方が大切になる

記事のイメージ画像

人には人の事情というものがあり、仕事をやめたいと思ったとき、そのやめる理由も千差万別で、いろいろとあるものです。たとえば、今の会社での給料面ですとか、休みの面ですとか、そういう待遇面で満足できず、他の会社へ転職をしたいと思ったとき、本音では言えずについつい建前で仕事をやめたい事情を述べてしまうことがあります。一身上の都合、という簡潔で便利な言葉でことが済んでしまえばいいのですが、大抵の場合は退職の理由というものを細かく聞かれます。社会というものは、すべて本音で通すこともできない場合もあるのです。

人間関係で会社をやめたいと思った時の退職理由

また、人間関係で悩み、挙句に仕事をやめたいと考えて退職を願い出るとき、素直にあの人が嫌だから会社をやめます、とはなかなか言えないものです。ここでもやはり建前でその理由を言わなければいけません。こうした人間関係で悩む人は本当に多くいます。特によく耳にするのは女性が多い職場です。人間なのですから意見の食い違いもあれば、相性が悪い人にぶつかることもあります。多少の我慢で済んでしまうのなら何も問題はないのですが、それが精神的にも深いダメージを受けてしまうのなら、これは職場を変えた方がいい場合もあるのです。

正当な理由でも相手の気持ちを考えてしまうとき

そして、もっと自分を高めるために仕事をやめたいと思ったとき、これは建前で退職理由を言うのではなく、本音で打ち明けた方がいいでしょう。しかし、やはり気になるのは相手の気持ちです。スキルアップというのは、ものすごく前向きな考えで立派なことです。でも、裏を返せば、ここにいてもスキルアップは望めないからやめます、と言っているようなものです。そう言われた会社側としてはいったいどんな気持ちになるでしょうか。けっしていい気持ちにはなれないでしょう。正当な理由なのですが、人として、ここでもやはり建前で、ということになるのではないでしょうか。

まとめ

この社会の中で仕事をやめたいと思ったとき、そのやめたい理由を本音ではなく、建前で言う場合がけっこうあります。たとえその理由が正当な理由であっても、ついつい相手の気持ちを考えてしまうことがよくあるのです。

比較ページへのリンク画像