有給休暇を賢く使うコツ

有給休暇を賢く使うコツ

仕事をしている中で与えられるものの一つが有休休暇ですが、有休休暇を使うタイミングや使い方で悩む人も多いのではないでしょうか。賢く使うコツを頭に置いておくことで、有休休暇をより充実した有意義な休みにすることができます。

病気の際に休んだり早退や遅刻に使う方法

有休休暇の使い道の一つとして頭に浮かぶことといえば、体調を崩した時に使うということではないでしょうか。体調を崩した時だけではなく、精神的に参っている時でも体調を崩したとして使うこともできるので、万が一の事態に備えてある程度までは残しておくということ賢く使うためのコツと言えるのではないでしょうか。一度に長期で休むとなれば、人手が足りない会社や職場では取ることができなかったり、長く休むことによって休み明けに仕事が溜まってしまっているということもあります。しかし小出しならば休みやすく休み明けの負担も少なくてすみます。

冠婚葬祭時や趣味のために使う利点

身近な人の結婚式や葬儀をはじめとした冠婚葬祭には、参加したいと考えるのは当然のことではないでしょうか。重要なシーンで休みを取ることができるというのも有休休暇の有意義な使い方と言えるのではないでしょうか。冠婚葬祭時ならば、有休休暇の申し出もしやすいので日頃なかなか休みが取れない会社でも休ませてもらえる可能性は高いです。趣味の一環で用事があり休みが欲しい場合など、早い段階で予定がわかっている場合はなるべくはやく伝えておくこともスムーズに休むためのコツであり、賢い使い方の一つと言えるのではないでしょうか。

一気に休暇を消化してリフレッシュする方法

年末年始やゴールデンウイークといった長期休暇のある会社の場合には、長期休暇の前後に合わせて使うことによって、より長い休みにすることができリフレッシュすることができます。海外旅行をはじめとした長期の旅行に行きたいという場合にも、長期休暇の前後に合わせて取っておくことで旅行明けにもゆっくり過ごすことができるなど、心身ともに疲れを取ることができます。リフレッシュするために長期休暇にするというのも、有休休暇の賢い使い方の一つであり長く休むことが日頃できない時にも、精神的なストレスから解放される良い機会となります。

まとめ

有休休暇は取りにくいと考えてしまいがちですが、有給は社員のためのものであり好きに使うことができるということは頭に置いておきましょう。賢く使うことにより、より有意義で意味のある休みにすることができるようになります。

比較ページへのリンク画像