休職中も厚生年金保険料は支払う必要がある

休職中も厚生年金保険料は支払う必要がある

何らかの理由で休職することになったときには、あれこれと不安になることも多いでしょう。もらうお金だけではなく、支払うお金に関する制度をきちんと知ることで、不安も軽減できるはずです。休職中の厚生年金保険料について解説します。

休職中でも厚生年金保険料は支払う必要があるのか

休職することに決まったとき、会社から「休職中でも厚生年金保険料は支払うように」と言われたら、「どうしてなのか」と不安に感じる方も多いことでしょう。しかしこれは、特別なことではありません。会社に在籍している間は、厚生年金には加入し続けることになります。だからこそ、保険料の支払いも必要となります。厚生年金以外にも、健康保険料や住民税なども、たとえ休職していても支払う必要があるお金です。普段は給与から天引きされている方も多いはずです。休職している間、いざ自分で支払おうと考えると、「非常に負担が大きい」と感じるのも無理はありません。

気になる金額について、割引はあるのか

支払わなければならないことが確定したとき、気になるのがその金額についてです。残念ながら厚生年金保険料や健康保険料は、休職したからと言って減額されるものではありません。普通に働いているときと同じ金額を、支払うことが求められます。どのように請求されるのかは会社によって異なっており、休職している間でも、毎月決まった金額を会社に納めることを求められるケースもあります。中には、いったん肩代わりしてくれる会社もありますが、休職から復帰した後に、一括で支払うことを求められます。会社によってそれぞれ規定がありますから、きちんと確認しておきましょう。

支払う余裕がないときにも安心の制度とは

毎月天引きされているお金を、休職中に支払い続けることは、決して簡単ではありません。休職する理由によっても異なりますが、手元に入ってくるお金が減少する方も多いはずです。これらの支払いが、生活を圧迫してしまうことも考えられます。こんなときに頭に入れておきたいのは、傷病手当金という制度です。社会保険に加入している人が対象の制度で、業務外のケガなどが原因で休職することになってしまったとき、お金が支給されます。給料の約3分の2の金額を、最長で1年6カ月まで受け取ることが可能です。休職前と同じ水準の生活をすることは無理かもしれませんが、毎日の安心につながることでしょう。

まとめ

休職するにあたって、知っておきたいポイントは多々あります。きちんと頭に入れておけば、いざというときにも慌てなくて済むでしょう。会社との話し合いもスムーズに進めていけるはずです。不安に感じることは、一つ一つ確認してみてください。

比較ページへのリンク画像