法定労働時間に沿った職場かチェックしよう

法定労働時間に沿った職場かチェックしよう

労働時間が長くなれば、労働者の負担が大きくなります。会社によっては、きつい労働環境の場合もあります。就業規則や残業を減らす取り組み等企業がどんなことを行っているかをチェックすると、わかる部分もあるでしょう。

就業規則が誰でも見ることができるか

会社の決まりの一つとして就業規則があります。一定の規模の事業所では作成する必要があり、従業員は誰でも中身が見られるようになっていないといけません。就業規則の内容は、労働基準法であったり労働協約を下る内容であってはいけません。法定労働時間に沿った職場かチェックをするとき、就業規則が誰でも見られる状態にあるかが重要なポイントになります。会社によっては見せないようにしているところや、従業員に周知させていないところもあります。誰もがいつでも見られる状態になっているのであれば、法外な就業規則を設定したりすることは少ないでしょう。

タイムカードなどのシステムの仕組み

会社に出社すると、タイムカードを押すのが決まりの場合があります。退出するときにも押すと、出社時間と退出時間が記録されます。これによってその日に出社していたか、残業をしていたかなどがわかります。これらは集められて、人事部などで給与計算されます。法定労働時間に沿った職場かをチェックするとき、タイムカードなどのシステムがどうなっているかがあります。基本はタイムレコーダーとタイムカードの仕組みです。ただ、不正が全くないわけではありません。ICカードや指紋認証の仕組みだとより本人に近い情報が取れます。その他、スマホなどの退勤管理も正確性が増します。

ノー残業デー等特別な取り組みをしているか

会社などでは、通常は残業はさせることができません。ただし、36協定を結んでいれば、行わせることができるようになります。させることができますが、いくらでもさせられては従業員としては大変です。会社として、残業を減らす努力をしているかどうか知っておく必要があります。法定労働時間に沿った職場かのチェック方法として、ノー残業デーなどの取り組みを行っているかがあります。1週間のうち何曜日、1箇月に1日でも行っていれば、それだけ残業を減らそうとしていることがわかります。従業員の努力に任せるだけだと、労働時間を減らすのは難しいでしょう。

まとめ

これから会社を探すとき、今働いている会社のことを知るとき、法定労働時間に沿っているかどうかは重要な問題になります。就業規則がその会社の考えを反映していますから、それが誰でも自由に見られるようになっているかをチェックしましょう。

比較ページへのリンク画像