自爆営業の多い職場は避けたほうが良い

自爆営業の多い職場は避けたほうが良い

日々の生活をしていく上で、会社に就職あるいは転職することは大切なことだと言えますが、注意したいこともあります。避けたほうが良いとされる職場は存在しているので、それを知った上で職探しを行うようにします。

自爆営業の定義と避けるのが良いとされる理由

記事のイメージ画像

自爆営業という言葉がありますが、これは一定のノルマを達成するためにスタッフが自腹を切り商品を買って売り上げをアップさせることです。営業において、売り上げに関連するノルマがあり、営業に携わっている人はそれを達成する必要がありますが、場合によっては達成できないこともあります。それを対処する方法は色々ありますが、一部ではスタッフに対して嫌がらせ行為を行うところも存在します。このケースは職場の環境が良くない会社で発生しやすいとされ、その行為が多いとされるところではかような会社の可能性があるからだと考えられます。

自爆営業は違法行為になる場合がある

自爆営業が行われている職場はあるとされていますが、この行為は法律に違反している可能性があると言われています。その理由として、損害賠償を行うなどの契約を締結することは法律で禁じられていることが挙げられます。ただ、損害賠償を請求すること自体は禁止されている訳ではなく、スタッフが故意あるいは重大な過失で損害を与えたのであれば認められます。しかし、ノルマを達成できなかったからといって、罰金を支払わなければならないというのは法律違反です。また自爆営業は以上の法律の条文だけではなく、他の法律にも違反している場合があるとされています。

避けるのが良いとされる職場の特徴

自爆営業の多い職場であることも注意したいポイントの一つですが、他にも避けた方が良いとされる職場の特徴があります。アットホームであることを標榜している会社がそれに該当していて、かような会社は外面を気にすることがあると言われています。従業員同士が仲良くやっている様子が写されている写真があれば疑った方が得策だと思われます。従業員が頻繁に入れ替わっているというのも注意しておきたい点であり、これは職場の環境が良くない可能性があります。これら以外にも存在しますが、入社して辛い目に遭わないようにするためにはきちんと確認することが重要です。

まとめ

自爆営業が多いとされる職場は言うまでもなく、働くのに不都合が生じるような会社は避けるのが良いと考えられます。転職活動や就職活動を行う際、安心して働くことができるようにするための努力は欠かすことができないものだということができます。

比較ページへのリンク画像