古い社風の会社は早めに切り上げよう

古い社風の会社は早めに切り上げよう

企業が生き抜くために、人為削減や設備投資をしない会社は先見の目がなく時代の波に乗れなくなってしまいます。目先のお金でなく、先を見通す力のある人がこれからの未来を築く人となり、企業を大きく育てていきます。

目の前のお金よりも先見の目が必要

創業がとても古くても、時代の流れに乗って最先端の機会を投入する、設備投資をする企業は大きくなればなるほど、労働条件を守るとして働き安い環境と人の定着を行っています。しかし、古い社風ですと設備投資せずに目先のお金しか行かないとなれば、成長もそこそこしかできません。設備投資をすることはとても大事ですし、何よりも社員をある程度置くことができないようでは、企業の定着も低迷下してしまいます。目先だけのお金だけでは、時代についていけません。波に乗り、大きく事業展開をしていくには先見の目が必要です。現在、古い体制の会社であれば早めに切り上げるのも、自分が生き抜くための手立てになります。現在の企業がどの程度なのかを計り、早めに転職をしていく方が良いかもしれません。

古い体制はこれからの時代には通用していかない

これからの時代は、IT社会を導入していかねばならない時代であり、パソコンをいつまでも古いまま使用していてはそのうち使えなくなります。ただのワープロと化してしまい、それでは事業の管理もままになりません。昔のような帳簿つけでは、時間もかかります。時間のリスクを考えたら設備投資をすることで解消ができます。費用がかかるから修理はしない、投資はしないという企業の事業主は本当にそれでよいのか今一度考えなおさねばなりません。事業主も人の言葉を聞く耳を持たねば、これからの時代に遅れてしまいます。古い社風は古風と捕らわれがちですが、昔からある町工場が長続きしているのには、機会のメンテナンスをキチンと定期的に行っているから続きます。メンテナンスをしない、設備投資をしないとなれば、この先の不安が残るだけです。

古い社風よりも古き物と今の時代を合わせる時代

古い社風は時代とともにすたれていく感があります。企業主の古い社風と目先の事ばかりの考えでは、到底現代の波に乗る事ができないでしょう。人権問題も出てきますし、サービスで残業をさせるといった自分だけの得だけを考えるようでは、企業の拡大をしてもそのうち下火になってしまいます。トータル的に見て古い社風は切り上げる事をしてみてはどうでしょうか。企業主は、社員は企業のことを考えないから早めに転職をしていくという考えもありますが、逆から言わせれば設備投資をせず無理難題な事ばかりを申し付けられても事業展開ができません。事業がスムーズ化し、人権も確保される事業へ転職していく方が身のためです。会社は何もしてくれませんから、早めに切り上げるのが得策です。古い社風であると拘りも強くなってしまうのが難点です。

まとめ

設備投資をができない会社は早めに切り上げる事をして転職を検討をしてみましょう。古い社風の会社は、労働の条件も良くありません。自分の生活の為、そしてスキルアップの為にも検討をしてみましょう。愛着と慣れは違います。

比較ページへのリンク画像