パワハラやセクハラがあった場合の対処法

パワハラやセクハラがあった場合の対処法

働いている中で上司のスキンシップが激しかったり、権力を用いて目に見える嫌がらせをされることを、セクハラ、パワハラと言います。されたからと言って寝込むことはなく、正しい方法を行うことで取り巻く環境がもっと楽になります。

意外にされている人は多い世の中

事例は多くマトになりやすいのは男性よりも女性に多いです。男性の中でも誰にでも優しい人が目をつけられやすく振り回されてしまいがちです。中には退職してしまう人もいます。退職後、心に傷が残り働くのがトラウマになる事もあります。セクハラ、パワハラにあった時はどのような方法を取ることが一番良いのでしょうか。例を挙げるとして、しつこく食事に誘ってきて断ったら社内での扱いが厳しいものになった。トイレについてきてお尻を触られた。など様々あります。まずは証拠を記録するために、ボイスレコーダーなどをポケットに忍ばせておくことをオススメします。

証拠を掴むことで緩和させられる

決定的な証拠を残せば、加害者の行動を緩和でき、最終的に退職に追い込む事も可能です。加害者に対して不思議と周りも不快に感じてることが多く、日本人の気質として言い出しにくく我慢してしまうことが挙げられます。周りの人の証言も後押しして、決定的だと認められれば相手に罰を被れたり、慰謝料も貰えます。怪しいなと感じたら直ぐに形に残る証拠を取り、上の者に伝える事で今の状況は楽になります。気づかぬうちに自分の心に負担をかけている事があるので、趣味や好きなことをするなど長期的な休みを取りリフレッシュすることを心がけましょう。

あなたが泣き寝入りをする必要は全くない

記事のイメージ画像

対処法を的確に行えば状態は良い方向へ進みますが、言い出せず苦しみ続けている人も中にはいます。セクハラやパワハラがあった場合、毎日会社へ来るのが嫌になるのが普通です。それを我慢して何日も続けているとうつ病を患う事もあります。取り返しのつかなくなってからでは遅いので、早めの対処法、被害にあった場合は周りに相談することが大切です。真面目で几帳面、周りに迷惑をかけたくないという気質を持っている人が言い出しにくさを感じています。今の社会も意見しにくい雰囲気があるので、手を差し伸べてあげることで救われる問題がたくさんあります。

まとめ

セクハラやパワハラがあった場合は、速やかに証拠を残し、周りに話す対処法を行うことが大切です。勇気が周りを変え社風も変わります。少しでも不快感を感じたらそれはセクハラ、パワハラの可能性が高く、あなたが悩む必要は何もありません。

比較ページへのリンク画像