異動願で働きやすくできるかも!?

異動願で働きやすくできるかも!?

今の仕事内容に何らかの不満がある場合でも、すぐに「辞める」という決断に飛びつくのはオススメできません。キャリアの中断が、将来に響く可能性も否定できません。こんなときは、異動願で働きやすくなるための環境づくりをしてみましょう。コツを紹介していきます。

近年は自己申告制度を設ける会社も増えてきています

今の仕事をずっと続けていくため、また自分自身の能力をより成長させるためには、「今の環境ではないところで仕事をしたい」と考えることもあるでしょう。転職ではなく、あくまでも今の会社の中で異動することで、可能性の幅を広げられます。異動願を出そうかどうか悩んだときには、ぜひ自分の会社に自己申告制度を用意されていないかどうか、確認してみてください。これは、社員の側から「私にはこんな希望があり、ここの部署で働きたい」という希望を出せる制度のことを言います。会社がそれを認めてくれれば、実際に異動することが可能で、より働きやすくなるでしょう。

異動願に関する行動は慎重に行いましょう

自分から異動したいと願う裏には、さまざまな事情があるはずです。しかしその理由が、共に働く人々に完全に理解してもらえるとは限りません。たとえ希望通りに異動したとしても、今の部署で働く仲間は「同じ会社で働く仲間」でもあります。行動を急ぎ過ぎて、周囲への根回しが疎かな状態にも関わらず異動願を出せば、「ここで仕事をするのが嫌だということか」などと、理由を勘ぐられてしまう可能性もあります。より働くやすくなるように、異動を希望したつもりなのに、状況によっては、正反対の結果に結び付いてしまうこともあるでしょう。本気で行動するときには、よく自分の気持ちを見極めた上で、自分の上司、そして異動先の上司に根回しをしておくと安心です。

異動願を出すときにやってはいけないこと

実際に異動願を出すときには、いくつか「絶対にやってはいけないこと」も存在しています。しっかりと頭に入れておきましょう。一つ目は、「今の仕事に手を抜く」ということです。届け出を出したあとも、そしてそれが承認されたあとでも、自分の仕事は最後までしっかりと行い、丁寧な引継ぎを行うことが重要です。また異動を希望するときには、理由の記載を求められることも多いものです。このときには「人間関係のグチや悩み」を記載しないよう、注意してください。「協調性がない人」というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。たとえ本当のことであったとしても、よりポジティブな理由を記載した方が良いでしょう。

まとめ

異動して本当に働きやすくなるかどうかは、異動に関わる行動を、どのようにして進めていくのかで決まると言っても過言ではありません。自分自身の希望を叶えるためには、決して焦ってはいけません。広い心で、チャンスを待ってください。

比較ページへのリンク画像