外資系の仕事に転職するのもアリ

外資系の仕事に転職するのもアリ

転職をするのであれば年収をアップしたいと思う人が大半なのではないでしょうか。しかし、現実はそうそう甘いものではなく、転職をして年収が上がった人はごく少数だといわれています。転職で年収を上げるためには転職先を選ぶことも重要です

外資系企業は完全な成果主義です

20代で年収1000万、これは普通に考えれば不可能に近い数字です。ソーシャルゲームが普及し始めたころの開発時期であれば、ゲームの開発会社に勤めているプログラマーの人が20代で年収1000万円という話もあったのですが、現在ではスマホゲームが蔓延しており、そういった業界で20代で年収1000万円という夢を実現することはGほぼ不可能です。現在、このような夢を実現させたいと思うのであれば、外資系の仕事に転職するのが最も近道だと言えます。日本の一般企業は年功序列ですが、外資系の仕事はグローバルなスタイルなので、完全に成果主義です

転職して成功したいという人にな最適

つまり、頑張れば頑張るだけリターンが見込めるのが外資系の仕事だと言えるでしょう。その分同じ会社で働くライバルも少しでも成果を上げようと必死ですし、成果が上がらなければ目に見えて給料も下がるというような厳しい世界ではあります。ですから転職して成功させようという意欲のある人にとって、外資系はとてもやりがいがある職業だと言えます。しかし、外資系というとネックになるのが英語力です。当然本社は海外にあるため、英語が社内に飛び交う機会も他の一般企業に比べれば多いでしょう。とはいってもそれほど高い英語力は必要ありません。TOEICで言えば600点レベル位もあれば十分でしょう。

英語力よりも大事なのは「自分の意見を言う力

とはいってもまったく英語力が無い人から考えてみればTOEIC600点というのは日常的な会話がある程度理解できるほどの英語職なので、物凄く高いスキルが必要に感じますよね。しかし、外資系企業といっても基本的には日本にある支社に勤めることになります。周りはほとんど日本人ですから日本の支社に勤めている場合は、それほど英語力は重要視されません。それよりももっと成功するために必要なポイントがあります。まず、成果を上げるためには注目されることが何よりも重要です。会議の席ではとにかく自分自身の意見をしっかりと発言することが重要です。新人だからといって遠慮はいりません。

まとめ

転職して給料上げたいという人がほとんどでしょうが現実はなかなか厳しいです。外資系の仕事は厳しい世界ではありますが、がんばった分だけ見返りがあるので転職して成功したいという人には最適です。英語力も必要ですが、それ以上に自分の意見を相手に伝えるスキルが求められます。

比較ページへのリンク画像