給料アップにつながるビジネスマン向けスキル&資格

給料アップにつながるビジネスマン向けスキル&資格

世の中には様々な資格が存在し、スキルアップのために勉強に励む人も少なくありません。資格の中には、取得すればある程度のスキルがあるとみなされ、昇進といった給料アップに繋がるものもも存在します。ここでは、ビジネスマン向けの資格とどのような職種で評価に繋がるのかにふれていきます。

収入アップにつながる資格がある

では、具体的にどの資格がどの業界で評価に繋がるのかふれていきます。建築関係の業界では一級建築士がその筆頭です。一級建築士をもっていれば、オフィスから一般住宅、公共建築物といったあらゆる建築物の設計や企画、工事管理ができるようになります。自分の設計したものが、形になるという点にやりがいと誇りを持って仕事に取り組む人も多いです。一級建築士の平均月収は、42万円といわれています。そこから推定される平均年収は644万円と会社員の年収と比較すれば高い部類になります。また、ある程度経験を積んで独立開業する人もいます。

一念発起して勉強すれば高収入も夢ではない

次に、医師や弁護士に次いで平均年収の高い資格である公認会計士にふれていきます。公認会計士は企業の監査、税務、コンサルティングといった業務を行なう仕事です。公認会計士の平均月収は48万円といわれています。そして、そこから推定される平均年収は717万円と非常に高い年収となっています。公認会計士になるには筆記試験である公認会計士試験の1次試験、2次試験に合格した後、監査法人や会計を専門的に行なっている企業で実務経験を2年以上積む必要があります。そして、日本公認会計士協会が行なう修了考査に合格してようやく公認会計士として働くことができます。試験を受験するにあたり、学歴や年齢は不問となっています。しかし、公認会計士の試験の難易度は非常に高いことで知られており、司法試験に次ぐ難易度と言われています。

日本の主要企業で最も取得が推奨されている宅建

最後に、日本の主要企業で最も取得することが推奨されている、ビジネスマン向けの資格ともいえる宅地建物取引士にふれます。宅地建物取引を行なう企業は、事務所の従業員の5人に1人以上の割合で宅建の資格を持つ人が在籍している必要がります。そのため、宅建は不動産業界の人が取得するイメージがありますが、不動産業界はもちろん、全く関係のない業界の人も多く受験しています。宅建の取得を推奨している業界として、住宅メーカーや銀行や保険会社などの金融業界があげられます。それ以外の業界でも、企業の総務や財務部門では宅建の知識を活かして会社の不動産の管理や運用に携わっている人が多いです。

まとめ

世の中には数多くの資格があり、スキルアップのために勉強に励む人は少なくありません。そして、公認会計士など頑張って勉強すれば給料アップに繋がるビジネスマン向けのものも存在します。取得のためには、ある程度の年月を要するものの、給料アップにより子供の教育にかけるお金が増えたり、マイホームを購入して快適な住環境を手に入れるなど生活の向上に繋がります。

比較ページへのリンク画像