首都圏の仕事を選ぶメリット

首都圏の仕事を選ぶメリット

記事のイメージ画像

戦後復興の時代、春になると日本の各地から東京へ出て来て仕事に励むとことがありました。特に中学卒の人たちは、金の卵とも呼ばれ、昭和期の高度成長を支えて来ました。その多くが、団塊の世代と呼ばれた人たちです。この人たちは、今は未熟な人でも、高い潜在能力が期待出来ることもあり、将来を担う人として期待され、そして活躍して来た訳です。

東京で一旗上げることを夢みた人も多く

地方に住む人は、いつか東京へ出て一旗上げたいと考えたのが、この金の卵を生んだ時代とも言われます。それだけ東京へ行くと言う選択をすることで、新鮮な出会いがあり、地方にはない新しい技術があり、先進性があるとされています。また、世界からの情報もこの東京へ最初に入って来ることから、東京に住むことで、最新の時代を過ごすことが出来ると言ったことも、東京へ人が集まって来た理由ではないでしょうか。そんな金の卵の時代も終わり、今度は学生として東京へ出て来た人が卒業後も東京に残る時代になりました。ふるさとへ帰るのではなく、大手企業に勤務したり、自分自身で企業を立ち上げると言ったことをする人が、増えて来たわけです。

ステータスでもあり競争が激しい地域

昭和の時代は、この東京出る選択をして、東京で働くと言うことが一種のステータスでもあり、多くの人が東京での生活を夢みたものと言われます。東京で働くメリットは、人が多いことだけでなく、仕事がたくさんあると言うことで、職業選択も可能と言うことです。特に上場企業の半数以上の本社があり、東京を中心に日本が動いていると言っても過言ではありません。しかしたくさん仕事があると言うメリットと、その分競争も激しくなっていると言うデメリットも出て来ます。自分自身よりレベルの高い人と競争させられることも多くなり、その分だけ多くの疲労を感じることも多くなるはずです。

いつの時代も東京は中心だけ地域の力も必要に

昭和の時代が終り、平成と変わっても、日本の中心は東京です。ですがグローバルな時代になった時には、東京だけでは抱え切れないことが多くなり、周辺都市の力も借りる必要が出て来ました。土地建物だけでなく、人材においても横浜や千葉、埼玉といった周辺都市の力を借りる必要が出て来ました。そのため今では首都圏と呼ばれる地域で、世界と競争をする時代になりました。首都圏となることで、広域的な仕事も出来ることになり、人材の確保も出来やすくなったと考えられます。会議なども一ヶ所に集まる必要がないテレビ会議などが出来る時代になり、首都圏と言う範囲内で密に連絡が取れる時代にもなった訳です。

まとめ

インターネットが発達した時代、人と人が直接面談する必要がなくなりました。自宅に居ながら仕事が出来、自宅に居ながら会議に出席出来る時代でもあります。首都圏と言う広い範囲を利用しての仕事も、当然と考えられるようになり、移動を必要としない時代がやがてやって来るのかも知れません。

比較ページへのリンク画像