仕事辞めたい人の味方

転職を考えてる人が知っておきたい基本の考え方

転職の心理的ハードルを乗り越えよう

転職には及び腰になる人も多いのですが、仕事がつらいならやはり転職を本格的に考えるべきです。

 

コネで転職するのが最強とは限らない

知人の紹介だから断りづらい、自分の仕事適正ミスにつながることもあります。

 

本気の転職希望ならひろく情報を集めよう

とにかくたくさんの良質な求人情報を手に入れ、もっとも自分に合うものを見つけること。これが最重要です。

 

比較ページへのリンク画像!!

いまの仕事を辞めて別の仕事に移りたいと考えている人はたくさんいます。が、辞めたい、辞める、といいながら、職場のしがらみを振り払えずになんとなく働きつづけている人も多いことでしょう。
「退職する」たったこれだけのことですが、なかなか心理的ハードルが高くあります。また、新しい職場の面接を受けるまでも時間がかかりますし、新環境に飛び込むことも労力が必要です。ですが、もしいまの仕事の労働環境が劣悪で辛さが先行している場合や、人間関係が破綻してるのなら、思い切って転職してみるべき だと思います。

 

もちろん、転職は悪いことではありません。いまの職場の同僚に遠慮をする、会社に対しての恩義や罪悪感は不要です。よりよい仕事を求めるのは労働者として当然のことですよ。転職を体験した方は口をそろえて「転職は大変なことではない」といいます。というのも、一昔前と違い、いまは即戦力を補うために企業から中途採用・第二新卒向けの求人情報が発信されています。また、転職関連情報を扱う専門業者もたくさんいるからです。

 

転職するとき、「できる限り、仕事上でつきあいのある人の紹介で転職したい」ということを多くの方が考えているようです。仕事上で付き合いがある方の紹介であれば、その企業の業務内容もイメージできますし、コネクションによって転職が成功しやすいと考えられるからです。
コネや人脈による転職は、もちろん悪いことではありませんが、イメージ通りの転職ができるとは限りません。もし、自身の希望職種と異なる部門での採用だったとしても、断りにくい空気ができ上がってしまいます。また、労働条件や待遇に関しても、相手方の言い値でまとまりやすく「ミスマッチ転職」に陥りやすいという面もあるのです。

 

よい転職をしたいなら、質のよい情報をたくさん集めることが一番の近道です。世の中には、たくさんの職種があり、あなたのように仕事に対する意欲がある人材を求める企業も数多く存在します。もちろん、あなたが本領発揮できる職場も必ず存在します。

ハローワークや新聞求人しか転職や就職に関する情報を得られなかった昔とは違い、ネット上では、あなたが望むだけ求人情報を探しだすことができます。転職に妥協は禁物です。自分で納得できればそれでよいのですが、職場に対する外せない条件がある場合はきちんと見極めることが大切です。

よい転職先を見つけるためにどうすればいいか

ハローワークに過度な期待は禁物

地元で仕事が見つかるというメリットもありますが、自分に合う仕事であるケースは少ないです。

 

本気で転職するなら転職エージェント

各業界に精通し良質な求人情報を取り扱う転職エージェント。仕事紹介のプロフェッショナルです。

 

転職エージェントに利用は実に簡単

転職エージェントへの相談は無料。もちろん、登録費用も一切不要。転職希望者の金銭的負担はありません。

 

転職に求めるものがあるなら転職エージェントへ

仕事辞めたい人の味方丨就職に強い転職求人サイトランキング!最新版のサムネ画像

仕事を探す、となると誰もがまず思い浮かべるのがハローワーク(ハロワ)。厚生労働省所轄の公共職業安定所です。 ここでは、求職者登録をした後にハロワが受け付けた求人票を自らが検索するシステムを提示しています。気になった求人票を見つけたら、条件や待遇を担当者と相談したうえで求人企業との面接にこぎつけます。官公庁だから良質な求人が多いと思われがちですが、実は、転職希望者が期待する「地位向上」「収入UP」とはほど遠い求人がほとんどです。また、自分が希望する職種以外の仕事が多かった・自分の保有資格を活かせる職場の求人がなかったということも。もちろんハロワ側でも求職者の希望に添うよう、企業に働きかけることもしますが、限界があることも確かです。
その反面、ハロワでは地域の求人ばかりを取り扱っているので、地元で転職したいという方にはメリットを感じることでしょう。

 

求人情報を得るためには、新聞広告やフリーペーパーなどに頼るという手段がありますが、鮮度を求めるにはタイムラグがあり、面接の問い合わせを入れたら終了していたということを経験される方も少なくありません。インターネット上の求人情報もどこまでが新しい情報なのか、見極められないという口コミも寄せられています。この他、派遣社員として登録し、「紹介予定派遣」という形で数カ月後に社員登用を試みる方法もあります。ただし、必ずしも社員登用してもらえるとは限らず、リスクを負う一面もあります。正社員になれなかった場合、任期終了後に別の職場でイチから派遣社員として働かねばならないということがほとんどです。

 

ネットを活用して転職先を探す方法として、転職サイトを利用する方法が有効です。転職サイトの性質として大まかに二分することができます。
ひとつめの転職に特化した求人情報だけが掲載されているサイトでは、全国各地の企業が提示した転職者向けの求人情報を掲載しています。自分の希望の待遇に見合った企業を検索・ピックアップできるメリットがあります。サイト上のコンテンツでは転職ノウハウを謳ったコラムなどが掲載されており、転職活動を後押ししてくれます。「今すぐではなく、数年後に転職したい」「自分のペースで探したい」という方におすすめです。

 

もうひとつは、専任のアドバイザーが希望職種を紹介してくれる転職エージェントです。自分の転職条件を少しでもかなえたいという場合は、こちらのサイトを利用することをおすすめします。転職エージェントのアドバイザーはマンツーマンで希望者の適性や市場価値を見極め、即戦力として働ける企業を紹介します。各業界に精通しており、その方の地位が向上できるポストでの転職が叶う可能性も高まります。ネット上では紹介されていない非公開の求人も取り扱っているので、転職活動をより有利に進められるメリットがあるのです。また転職の可能性を広げるために複数の転職サイト・転職エージェントに登録することが一番です。

 

そのほか、転職エージェントを利用することのメリットといえば、面接対策です。たとえあなたが経験を積んだ職業人でも、就職時に受ける面接というのは非常に緊張するものではないでしょうか。面接を行う企業があなたにどんな応答を望んでいるのかよくわからないまま、不安な気持ちを抱えて面接を受けることになります。そこで役立つのが就職のプロである転職エージェントのアドバイスです。ノウハウを持ち合わせた転職エージェントは、面接対策のプロです。企業の考えていることや、注意すべき点、伝わりやすい言い回しなど、ポイントをきちんとレクチャーしてくれます。

 

このように転職エージェントを経由した転職活動はメリットが大きいことが分かります。転職サービスを受けたことによって費用がかかるのかと心配される方もいますが、利用者は登録から採用決定までの間一切費用はかからず、すべてのサービスを無料で利用することができます。求人を出した企業が、費用を負担しているから成り立つサービスです。つまり、「企業がお金を払ってまでも、欲しい人材」をマッチングさせるサービスととらえましょう。 専任のアドバイザーが付くとなると「敷居が高い」「実績もないのに利用できない」と敬遠する方も見られますが、たくさんの求人の中にはあなたの職歴やスキルを求めているものきっと含まれています。百戦錬磨のノウハウを持ったエージェントのアドバイザーが親身になってマッチングを進めてくれます。

 

 

漠然と転職を考えている状態でも、転職エージェントに登録することはとても賢い方法です。エージェントに自分の存在をアピールしておけば、良いタイミングで良い転職話が舞い込んでくるかもしれません。
要点を紹介するキャラクター

 

いい仕事が集まる、おすすめの転職サイトはこちら!

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

扱う求人数も転職決定実績も文句なくナンバーワン。最高峰の転職エージェントサイト。あらゆる職種に強いコネクションを持ち、日本を代表する就職企業リクルートの中でも優秀なスタッフが集まることで知られています。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
リクルートエージェントの総評
  • 他社を寄せ付けない圧倒的求人数
  • エージェントスタッフの質も最高峰
  • 専用アプリがあり手軽に求人情報が見られる
詳細レビューへ公式サイトへ

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

担当者がつかないタイプの転職サイトの最大手です。掲載求人の量と質に定評があり、まずはここに登録するのが転職活動の第一歩と言われています。転職エージェントに相談しつつ、こちらも使って求人をチェックする方法がおすすめです。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
リクナビNEXTの総評
  • リクルートの看板サイトで絶大な信頼を築いている
  • 自分からアピールできるスカウト機能が効果的
  • 専用アプリで移動時にも求人チェックができる
詳細レビューへ公式サイトへ

PE-BANK

PE-BANKの特徴

フリーランスの技術者、なかでもシステムエンジニアと呼ばれる職種に的を絞った求人紹介サイト。専門色が強いぶんその信頼性と情報精度は高く、安定した実績をあげています。もしもあなたがフリーのSEならば、絶対に登録しておくべきサイトだといえます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価4.5
PE-BANKの総評
  • フリーランスエンジニア向け求人サイトの最古参
  • エンジニアが苦手な営業面、手続き面をサポート
  • 同業者間の交流会も開催。思わぬところで仕事がきまることも
詳細レビューへ公式サイトへ

type転職エージェント

type転職エージェントの特徴

25年以上の実績を持つ老舗の転職サイト。会員に対するサポートの手厚さに定評があります。老舗ならではのコネクションで企業から取りつけた非公開求人も豊富。実力派のエージェントサイトとして高い評価を得ています。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価3
type転職エージェントの総評
  • 対応の丁寧さとフォローの細かさでは他の追随を許さない
  • 特に20代・30代の転職支援に定評あり
  • 他サイトにない独自のコネクションを持っている
詳細レビューへ公式サイトへ

ミドルコーナー

ミドルコーナーの特徴

「東京しごとセンター ミドルコーナー」というのが正式名称。東京都が行っている公共雇用推進サービスで、内容は転職エージェントとほぼ重なります。30歳から54歳までの求職者に対する東京都内に限定した就職をマンツーマンで支援してくれます。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価4
ミドルコーナーの総評
  • 自治体のサービスなので安心感がある
  • 東京都の事業だけあり求人数は多い
  • セミナーや講座が充実しているのが特徴
詳細レビューへ公式サイトへ

リクルートエージェントが1位になった理由

転職サイトは実績が最重要、大手を狙え
担当エージェントの当たり外れが少ないサイトが吉
通常の求人サイトで転職市場の動向をチェックせよ

当たり前のことですが、転職系サービスにおいて重要視されるのが求人のクオリティと求人数です。また、サイト運営企業が築いてきた実績と信用によっても信頼度が大きく変化します。転職サイトを選ぶときのポイントは、そのサイトが大手かどうか・求人が集まるバックボーンを持っているかどうかにつきます。私がリクルートエージェントを1位にした理由は既におわかりかと思います。このサイトが求人数でも転職成功実績でもナンバーワンだからです。

 

転職エージェントを利用すると、どうしてもエージェントに頼ってしまいます。エージェントの質が低いと、良質な求人に巡り合えないところか十分なサポートが受けられない可能性も考えられるからです。アドバイザーの質の高さもさることながら、求人数・求人企業・待遇面など利用者にとって納得できる取扱いを持っているエージェント選びが大切です。トータル的に、就職・転職業界の大手・リクルート社が運営する「リクルートエージェント」なら任せて安心です。

 

頼れる転職エージェントに登録しても、1社ばかりの登録ではどうしても偏りが出やすい傾向にあります。2位に挙げた「リクナビNEXT」のように求人情報のみを検索できるサイトも含めて複数登録されることが大切です。複数のサイトを利用し待遇面の比較を徹底して行いましょう。また、転職市場の動向は日々変動しています。経済状況などを鑑みて自分で転職先における判断ができるよう情報を収集しましょう。転職求人を細やかにキャッチしたい場合は、各社が提供するスマホアプリ等をダウンロードすると、取りこぼしがありません。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

リクルートエージェントを活用した結果

三十代になり、転職するなら今しかないかなと思うようになりました。良い働き先をと探してはみましたが、数多くの求人の中から本当に自分に適したところを見つけることができず悩んでいた時に、リクルートエージェントの存在を知りました。大手で信頼できそうだなという気持ちと、転職活動をサポートしている経験豊富なキャリアアドバイザーがいるということからとりあえず登録してみようと思いました。登録したら面談があるとのことで緊張もありましたが、人によっては利用できそうもないなというところでハードルが少し高いかもしれないと思いました。

 

利用する申し込みは無料でできたので、もし良い結果にならなくても損することもないし良いかなと思いました。申し込んでから二日ほどしてからリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方から連絡がきて、面談することになりました。面談では転職先の希望条件やスキルの確認をはじめとし、かなり丁寧に話を聞いてアドバイスしてもらうことができました。その後私に適している求人をいくつか紹介してもらうことができました。

 

自分では到底選ぶことがないだろうなという求人もたくさんあったし、求人は非公開のものもたくさんあるのでより多くの求人を比較してから選ぶことができました。年収や休みなど、自分では言いだしにくいこともしっかりと交渉してもらうことができて頼りになったし、何よりも本当に転職に関してサポートしてくれるという体制が整っているのがリクルートエージェントの良いところかなと思います。無事にリクルートエージェントで紹介してもらったところで内定をもらうことができ、実際に働き始めていますが求人の内容や教えてもらった内容と同じで、働き始めてからマイナスのギャップが生まれるということもないのでリクルートエージェントを利用して正解だったなと思います。

 

サービスが充実していて驚きました

自分自身の周りで転職をする人が増えていましたが、話を聞いてみるとほとんどの人がリクルートエージェントというものを利用しているみたいでしたので、ある時思い切って使ってみることにしました。その後手続きが終わり、サイトがどのような感じになっているかチェックをしてみたところ、さまざまなサービスがあることに気がつきました。そして、キャリアアドバイザーの人と面談をした後に早速それらのサービスを使うことにしましたが、まず最初にレポートのようなものを眺めてみたところ、企業のかなり詳しい情報が書かれていたのでとてもびっくりしました。

 

そして次にセミナーというものを受けてみましたが、転職を成功させるためのアドバイスをいろいろと聞くことが出来ましたので、とても感激しました。特に魅力的だったのが、面接官がどのような点をチェックしているかという話でしたが、それによって面接を受ける際に注意すべきことがよくわかりました。その後自信がついたので思い切って実際に面接受けてみることにましたが、自分専用のページから職務経歴書を簡単に作ることができた上に応募もボタン一つで行えましたので、時間がほとんどかかりませんでした。

 

企業と話し合いをした結果無事に内定をもらうことが出来ましたが、その後もリクルートエージェントのスタッフの人が引き続きいろいろとサポートしてくれましたのでとても驚きました。具体的には年収の交渉、さらには入社日の調整などを行ってくれましたが、最後までしっかりと面倒みてくれる姿に思わず感動しました。最終的に転職を成功させることが出来ましたが、何故周りのみんながリクルートエージェントを利用していたのか、理由がとてもよくわかりました。信じられないぐらい素晴らしいサービスが存在している今の世の中は、本当に便利であると感じています。

 

比較ページへのリンク画像